MENU

返済の遅延、複数の借入れは減額される対象

カードローンには限度額というものがありますが、それが減額されるというのはショックなものです。

 

多くの人は、カードローンを使い続けているうちに限度額が上がっていくというイメージを持っているかもしれませんが、実際のところ、限度額が上がる人もいれば、下がる人もいるというのが現状です。

 

それでは、どういう風にカードローンの限度額が下がってしまうのかについてお話をしようと思います。

 

お金を返すのが遅れた場合

カードローンは、お金の貸し借りをするわけですから、貸す人が持っている「信用」が命です。身内の人や友達であれば、少々お金を返すのが遅れても許してくれるかもしれませんが、カードローン会社はかなりシビアですから、「お金を返済してくれない人だ」という評価がひとたび下されてしまうと、どれだけ収入が安定していて財力がちゃんとあるような人であっても融資が止まってしまうということがあります。

 

多くの限度額が減額されてしまった人の原因は、こうした信用が落ちるということがポイントになっているようです。これは、逆に言うとちゃんと返済をしていれば収入がそれほど高くなくても、問題なくお金を融資してもらえるということを意味します。

 

複数のカードローン会社を利用している

カードローンや消費者金融などの貸金業に関する法律がかわり、年収の1/3までが融資できる限界であるということが決まってしまいました。

 

つまり、今は年収の一定額を超えてお金を借りるということができなくなっているわけで、複数の会社からお金を借り入れていた場合には、その限度額を超えてしまうことがあります。これが原因になって、融資の限度額が下がってしまうということもよくあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日