MENU

うっかりすると受け取れないかも?キャッシングの即日融資で気をつけたい3つのコト

すぐにお金を用意したいときに便利なのが即日融資です。即日融資を利用できるキャッシング会社も増えています。

 

しかし、利用の仕方を間違えると、その日のうちに融資を受けることができなくなってしまうこともあります。確実に、お金を受け取りたいなら3つのコトに注意をする必要があります。では、その3つを見ていきましょう。

 

営業時間に注意!

大前提として、営業時間内に申し込みをしなければ即日融資を受けることはできません。キャッシング会社の営業時間はしっかりと調べておきましょう。

 

店頭で申し込む場合、18時や19時で営業が終わるところが多いです。土日祝日が休みのところもあります。ネットでは、24時間受付をしているところもあります。しかし、実際に審査などを行うのは営業時間で、スタッフが働いている時間です。

 

ネットで休みの日や19時以降に申し込みをしても、審査の結果がでるのは翌営業日以降になるので気をつけましょう。店頭やネットでの申し込みのほかに、自動契約機でも即日融資の申し込みはできます。自動契約機では、店頭よりも営業時間が長く、休みの日でも利用できるところもあります。しかし、時間によっては即日融資が難しい場合もあります。

 

どちらにしても、いつ即日融資を利用しても良いように、営業時間のチェックはしておきましょう。

 

銀行振り込みの時間も気をつけよう!

2つ目のポイントも時間のチェックです。即日融資をするときに、銀行振込を利用する人も多いです。

 

キャッシングを受けるときには、店頭で受けとったり、ATMを利用する方法もあります。店頭の場合は近くに店舗がないと難しく、ATMから引き出すためには専用のカードが必要になります。カード発行には数日かかることもあります。

 

そのため、即日融資を受ける人は、銀行振込を利用する人が多くなります。しかし、銀行振込の場合、取引が平日の14時で終わってしまいます。14時までには審査が終了している必要があるので、即日融資をしたいならできるだけ午前中のうちに申し込みをしておくほうが良いでしょう。

 

銀行振込は電話1本で入金してもらうことができるので、とても便利です。しかし、キャッシング会社によっては初回しか利用できないところもあります。申し込みをしようとしているキャッシング会社がどう対応しているかもチャックしておく必要があります。

 

開設しておいて損なし?ネット銀行

最後がネット銀行の開設です。キャッシング会社によってはネット銀行での振込にも対応しています。ネット銀行は、実際の店舗とは違うシステムで運用がされています。そのため、14時以降でも銀行振込ができたり、休みの日でも振込ができるなど、ネット銀行ならではのメリットがあります。

 

もしものときには借り入れもしやすくなるので、あらかじめネット銀行を開設しておくのも良いかもしれません。即日融資を受けるにも審査が必要になります。フリーターなので収入が不安定だったり、ほかに債務があるような人だと審査に時間もかかります。その日にほしいお金だったとしても、申し込みには余裕を持つことが必要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日