MENU

24時間受付OKでも夜中に審査はできない

即日キャッシングはいつでも即融資というわけではない

キャッシングの申し込みはインターネットからだと24時間受け付けています。
専用のフォームから審査に必要な情報を入力すれば、あとは結果を待つばかりです。

 

ただ、24時間受け付けが可能でも24時間審査を行えるわけではありません。
審査が終わらないと融資を受ける事はできないので、即日キャッシングといっても実際は翌日になってしまう場合もあるのです。

 

どのような形で申し込んだとしても、審査ができる時間は自動契約機の営業時間とだいたい同じです。
審査は人が行いますので、営業時間外の申し込みに関しては翌営業日の対応になるのです。

 

即日振り込みには締め切りがある

審査を行える時間は夜遅くまであったとしても、即日の振り込みの場合はさらに早いタイムリミットがあります。振り込みは銀行を介して行われますから、銀行の営業時間内に依頼を済ませなければなりません。当日中に振り込みを希望するのであれば、銀行が営業している平日の14時までに契約手続きが完了している必要があります。

 

ただ最近では、インターネットバンキングや金融業者指定の銀行口座を持っている場合、24時間振り込みにも対応するサービスを用意している業者もありますので、契約手続きが完了さえしていれば夜中であってもキャッシングをする事は可能です。

 

文字通り即日融資を確実に受けるには

消費者金融でのキャッシング申し込みから契約は、比較的遅い時間まで行われます。確実に即日キャッシングをしようと思ったら、電話やインターネットでの審査申し込みを先に済ませておいて、後は遅くまで営業している自動契約機での手続きが早い場合もあります。

 

その場合に大切なのは事前の準備です。契約手続きにあたって提出が必要な書類がありますから、申し込みを済ませたら次のステップにすぐに進めるよう、本人確認書類や収入証明書等の準備をしておきましょう。

 

本人確認書類は絶対に必要ですから、運転免許証や保険証、パスポートなどのいずれかを用意します。基本的に収入証明書は借り入れ限度額50万円以上、他社の借り入れ総額100万円以上の場合や個人事業主には必要になりますが、ほとんどの場合で提出の必要はありません。

 

収入証明書は絶対に必要な書類ではありませんが、万が一必要になった時にそこで時間をとらないよう、可能であれば念のため準備しておくと安心です。

 

審査の結果がOKだったら必要書類をすぐに提出します。ホームページ上やスマホのアプリなどから各種証明書を画像で送る事もできますが、それが難しいならば自動契約機で読み込んで提出すれば大丈夫です。後は契約をして、自動契約機でキャッシング専用のカードを受け取ればもう即日キャッシングが可能になります。

 

このように即日キャッシングとは言っても、初めての申し込みの場合は特に審査の都合で時間に制約があります。郵送では申し込みからカードの受け取りまでを行う事はもちろん可能ですが、どうしても日数がかかってしまいます。

 

銀行カードローンも即日融資を行っているところがある

銀行カードローンも、消費者金融と同様に自動契約機が設置されていたり、申し込みから融資までのスピードも速かったりと様々なサービスが充実してきています。

 

ただし消費者金融は遅くまで営業していて審査項目も少なめと言われていますので、銀行よりも即日融資には強いと言えるかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日