MENU

即日融資に勤務先への在籍確認は必要なのか…

キャッシング即日融資に勤務先在籍確認は必要なのか

 

キャッシングをする際の電話確認審査は必須

利用者が、即日キャッシングを必要とする時、キャッシング会社からの審査において勤務先への電話確認は必ず行われることです。これは、申込者が申告した勤務先が本当であるかを確認するものです。申込書に記入する内容は、申込者の自己申告であるためキャッシング会社側は、基本的にその内容を信じ検討していくわけですが、申込者の氏名や住所そして勤務先などが虚偽な場合はどうにもなりません。申込者は、身分証明書の提出、電話での本人確認が必要であり、自宅の電話か携帯電話に連絡が行きます。そして、勤務先への電話確認がなされます。たとえ申込者が即日融資を必要としていても必ず本人確認が必要であり同様です。

 

キャッシング会社により臨機応変な対応もあり

これまでに述べた電話確認は、柔軟に対応されるケースがあります。申込者のこれまでの利用状況によって、キャッシングの借入・返済において実績があり信用がついている方や、他の金融機関を利用中の方については勤務先への電話確認が省かれる場合があります。なお、営業時間外の利用、土日祝日での利用で、当日中の電話確認が不可能と判断されますと本人確認が後日になるという措置がとられ、即日での融資が行われることもあります。また、申込者が電話確認を避けたいと考える場合、キャッシング会社に相談してみることをお勧めします。よい方法が提示されるかもしれません。

 

勤務先への在籍確認とはどんなものか

 

申込者の籍が申告した会社にあるかどうか確認する簡単なもの

キャッシング会社から勤務先に電話が掛かってくるなんて世間体に関わってしまう…などと心配になる方が大半かと思います。ですが、これは非常にシンプルな確認方法なのです。キャッシング会社の担当者が申込者の勤務先へと電話を掛け、”○○と申しますが○○さんいらっしゃいますでしょうか?”と尋ねます。するとそれに対し返答がありますね。”おります、少々お待ちください”ですとか、”ただいま席を外しております”などの返答が確認できれば申込者の勤務先の確認が取れたということになります。そのあと、キャッシング会社は適切な対応をして電話を終えます。申込者自身が勤務先の電話に出ることでもよいのです。

 

勤務先への確認電話の際、キャッシング会社の名称は伏せます

キャッシング会社から勤務先へ確認電話をする際、担当者個人名で対応いたしますのでキャッシング会社名を出すことはありません。そのため、キャッシング会社からの申込者本人確認だと他人に知られることはありません。ただし、消費者金融ではなく、銀行からの場合は社名を出してくることが多くあり、申込者がそれをNGとする場合、事前にそのことを伝えておく必要があるので注意してください。ですが、そのほとんどはキャッシング利用とはわからないように対応してくれるでしょう。

 

キャッシング会社から勤務先への確認電話の失敗例

キャッシング会社から申込者の勤務先へ確認の電話で失敗してしまう例があります。キャッシング会社が個人名を名乗ることにより、不審と思われてしまった場合、”お答えできません”などと対応されてしまうことがあります。その場合は、日を改めての電話確認になりますが、同じ失敗を繰り返さないために申込者とキャッシング会社で事前に予め決めておくことが必要になるでしょう。申込者が、受け持っている取引先の社名を名乗るように伝えておくですとか、家族の名前を使うよう伝えておきましょう。そのような失敗を無くすため、キャッシング会社によって電話確認を無くしその代り、はじめから源泉徴収票などの提出を求めている会社もあるようです。申込者もはじめからその様な会社を選ぶというのもよいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日